サイモン・グレイ、ヨーロッパ統括マネージャー

ヨーロッパ全土の豚価格は記録的な高水準を維持している。 需要と供給が機能し、豚の価格が高騰している。 低価格を利用して在庫の削減と改修を行った一部の農場が、自信を持って再入荷できるようになったという小さな兆候がいくつかあります。 しかし、生産を停止した多くの農場は再開することはありません。

ヨーロッパ全土の豚生産量は、8年の今回と比較して2022%減少した。減少幅が最も小さかったのはポーランドの3%、最も大きかったのはデンマークの20%だった(ポーランドは生産量の約25%をフィーダー豚として輸入しており、大半はデンマークから来ている)。 ヨーロッパ最大の生産国であるスペインは7%減少し、かつて最大の生産国だったドイツは8%減少した。 ドイツ政府が福祉を増やすとされる規制をどんどん導入しているため、ドイツは生産を失い続けるだろう。 これを行った他のすべての国は、法律の結果、生産コストが大幅に上昇し、パフォーマンスが低下したため、生産量の 50% を失っています。

ヨーロッパの他の地域では、養豚業者が生産を停止するために報酬を支払われている(オランダ)。

北西ヨーロッパの政府は確かに、環境と動物福祉の名の下に、自国での豚の生産を大幅に削減する決意をしているようだ。

ドアを閉めている屠殺工場もある。 これまでのところ、デンマークで XNUMX 件、イギリスで XNUMX 件です。 ヨーロッパで豚が減れば、必要とされる屠殺能力も減ります。 閉鎖はさらに増えるだろうが、価格に大きな影響を与える可能性のある屠殺能力の不足というレベルにならないことを願っている。 これ以外には、近い将来に需要/供給状況が大きく変化することを示唆するものはほとんどありません。

いくつかの良いニュースは、飼料原料価格の下落により、養豚農家が持続的に収益を上げられる可能性があるということです。 これは確かに非常に待ち遠しいものです。

信頼できる統計を取得することは困難です。 EU 自身のデータからも。 ある報告書によると、EUは生産量の2022%を輸出している(13年)。 そうであれば、8%の生産削減でEUは豚肉の純輸入国に近づくことになる。 ただし、生産、消費に関するその他のデータによると、輸出は総生産量の約 26% です。

しかし、これはまた、2.5万トンを超える豚肉が生産され、どこにも行き渡っていないことを示しています。 これらの数字に基づいて、生産量が少ないか、消費量が多いかのいずれかです。

生産量と群れの規模を相互参照すると、屠殺された豚を雌豚の群れの規模で割ると、雌豚22.8頭当たり年間97頭の豚が販売されることから、これはほぼ正しいように見えます。 計算された平均屠殺重量 XNUMXkg は少し高いかもしれません。これは、生産されるトン数が記載よりわずかに少ないことを意味します。

このデータに基づくと、ヨーロッパが豚肉の純輸入国になるにはまだまだ遠い状況です。 この観点からすると、(北西ヨーロッパにおける)豚の生産量を削減させようとする政治的動きは、かなりの期間続く可能性がある。 これらの地域のヨーロッパの養豚業者にとっては朗報ではありません。

環境と福祉のジレンマ

私が読んだ有益な情報はすべて、養豚生産州からの排出量を削減し、生物学的効率を向上させることについてでした。 これは基本的な常識でもあると思われます。 これは 2 つのジレンマにつながります。

一つ目は「高等福祉」のための立法です。 これらすべての法律、豚一頭あたりのスペースの拡大、妊娠や一部の国では分娩箱の廃止、酸化亜鉛の禁止、さらには遺伝的に生きて生まれる頭数の減少など…。 これらすべてが豚の生産の生物学的効率を低下させます。 これは排出量の増加を意味します。 立法者たちは何を望んでいるのか、科学的には環境と(認識されている)福祉のどちらかを選択する必要があると言っているように私には思えます。

第二に、環境自体があります。 現在、ヨーロッパには生物学的に非常に効率的な養豚場がいくつかあります。 ヨーロッパでの生産を減らすことは、他の国での生産を増やすことを意味します。 気候や病気のせいで生物学的効率が低い場所である可能性が非常に高いです。 今日、豚肉がヨーロッパからどこに輸出されているかを見てください。 気候変動について話すとき、あるいは GLOBAL 温める、それだけです。 それはヨーロッパ温暖化とは呼ばれません。 生物学的に効率的なヨーロッパの豚の生産を、生物学的に効率の低い世界の他の地域での生産に置き換えると、実際には排出量が増加します!!! 政治家がやろうとしていると主張していることと、またしても逆のことだ。

世界人口が9億人に増加する中、地球はより多くの食料を必要としています。 ヨーロッパでの効率的な食料生産の閉鎖は、地球環境に悪いだけでなく、食料を求める余分な人々にとっても悪いように思えます。

国連のデータによると、世界には845,000,000億25,000万人以上が栄養失調に苦しんでおり、これはヨーロッパの人口のほぼ9,125,000倍です。 XNUMX日あたりXNUMX万XNUMX人以上、年間XNUMX万XNUMX人以上が餓死しています。 ヨーロッパの政治家は動物福祉に重点を置きたいと考えています。 人間の福祉はどうでしょうか! 養豚農家の大多数は、豚の真の福祉を熱心に考えています。 それは彼らの仕事です。 死んだ豚は儲からない! 豚肉の生産量削減につながる法案は、またしても、法案を制定する政治家にとって、豚は人間よりも重要であると言っているようだ。

このページを共有...
LinkedInの上にシェア
LinkedIn
Facebookでシェア
Facebook
Twitterでこのことについてつぶやきます
Twitter

カテゴリ: ,

この投稿はGenesusによって作成されました