ポール・アンダーソン、ジェネサス東南アジア

paul.anderson_genesussoutheastasia@outlook.com

タイ

供給過剰でタイの生きた豚の価格が下落

タイ養豚協会によると、タイの豚生産量は28年第5.8四半期に前年同期比1%増の2024万頭となったが、生きた豚の価格は23%下落して68kgあたり1.8バーツ(XNUMX米ドル)となった。養豚生産者の代表。

供給過剰は主に、20,000年前にタイでASFが発生した後に群れを拡大した大規模生産者によるものだ。しかし、昨年初めから、推定約XNUMX万コンテナに及ぶ冷凍豚肉の密輸の出現により、豚肉と豚の下落が起きた。

政府は密輸関係者に対して法的措置を講じているが、発見され押収されたのは密輸豚肉数枚のみだった。

同協会は5月初旬から生きた豚の価格を値上げしようと試み、小売業者に対し店頭で販売するポーションポークの価格を生きた豚の価格に合わせて維持するよう求めたが、効果はなかった。

このため、生きた豚の生産コストが 84kg あたり 2.5 バーツ (XNUMX 米ドル) と依然として高いため、大小を問わず生産者は損失を出し続けることになります。

ベトナム

ベトナムの肉

2023年、ベトナムは世界から総額1.5億米ドル(783.8千トン)の生肉および加工肉製品を輸入した(第27位の市場)。年間を通じてベトナムへの食肉のトップ供給国は、中国が市場シェア15.9%、米国(8.3%)、日本(7.7%)であった。

カナダは、7年にベトナムにとって生鮮肉および加工肉製品の2023番目に大きな供給国となり、輸入額は63.9万米ドルを占め、年間平均成長率(CAGR)は88.3%(2019~2023年)で増加した。ベトナムに輸出された肉製品のトップは、29.6万米ドル(7,253.5トン)の冷凍食用牛内臓(舌とレバーを除く)、23.2万米ドル(4,144.8トン)の冷凍牛肉、骨なし冷凍肉であった。骨付き豚は7.0年に3,693.6万米ドル(2023トン)に達する。

国際的には、ユーロモニターの報告によると、アジア太平洋 (APAC) 地域の加工肉の小売りは世界第 35.2 位の市場であり、2023 年には総額 4 億米ドルが消費されています。しかし、APAC 地域ははるかに高いレベルの加工肉を消費していることでよく知られています。加工肉よりも新鮮な肉。ベトナムは、13.9年の売上高が2023億米ドルとなり、中国、日本、インドに次ぐ地域内で生鮮肉および加工肉製品の98.5番目の消費国であり、その内訳は生肉の1.5%、加工肉の売上のXNUMX%であった。

2023年、ベトナムの主要な加工肉食品企業(ブランド)には、サイゴン・トレーディング・グループ(46.1%で市場シェアのほぼ半分を占めるSATRA)、13.3%のチャルン・ポクパン・グループ(CP)、およびハロン缶詰食品JSC(ハロン)3.4%。ベトナムで報告を行っているプラ​​イベートラベル企業はありません。

ベトナムの店舗ベースの食料品小売業者は、532.2年の無店舗小売りまたは電子商取引の売上高が99.6万米ドル(2.3%)であるのに対し、加工肉、魚介類、および肉の代替品のほとんどを0.4億2023万米ドル(2018%)市場に流通させた。食料品店が最大の売上高を記録し、スーパーマーケットとハイパーマーケットがそれに続いた。ベトナムでは食料品店ベースのコンビニエンスストアとスーパーマーケットが最も高い成長を遂げ(2023年から35.7年)、eコマースのオンライン売上高はCAGR XNUMX%で劇的に増加しました。

フィリピン

高温ストレス、フィリピン養豚産業の大きな問題


全国養豚業者連盟(NatFed)、ジェネサスによると、特にエルニーニョ現象の影響により、フィリピンの養豚業界では熱ストレスが重大な問題として浮上しており、エルニーニョ現象が豚の成長を妨げ、養豚部門の業績に影響を与えているという。ブリーダーは、その旺盛な食欲に助けられ、暑い気候の中でよりよく生き残り、より丈夫で、より早く成長し、死亡率が低くなります。

NatFedのアルフレッド・ン副議長は、パサイ市で開催された家畜・水産養殖フィリピン2024イベントで、この前例のない暑さが養豚部門に顕著な影響を与えていると指摘した。 「これほどの暑さはこれまで経験したことがなく、養豚生産に大きな影響を与えています」とン氏は述べた。

ング氏は、豚の生体重は通常 120 ~ 150 キロ (265 ポンドから 330 ポンド) に達しますが、現時点でその体重に達しても、現在は 90 ~ 100 キロ (200 ポンドから 220 ポンド) にしか達していないと説明しました。全て。さらに、飼料コストが高く、豚が食べて成長することを拒否するため、農家は理想的な体重に達する前に豚を売らざるを得ません。 Genesus ブリーダーとその子孫は、熱ストレスを理由に食事を拒否することはなく、Genesus Genetics を使用して成長と販売キロ数を最大化します。

その結果、養豚業者は年間生産量を 10 ~ 15 パーセント増やすことを目標に、農場に補充しようとしています。

フィリピン統計局(PSA)のデータによると、1.8年第2024四半期の家畜生産量は季節調整値でXNUMX%減少し、この減少に最も寄与したのは豚であった。

ン氏はまた、豚肉輸入の増加についても懸念を表明し、これも国内養豚産業に対する新たな脅威であると考えている。国家食肉検査局のデータによると、13月49,899日時点で国内の豚肉在庫の大部分は輸入されており、合計758万3,145トン(MT)である一方、地元産の豚肉は前年のXNUMXトンからXNUMXトンに減少した。現在進行中のアフリカ豚コレラ(ASF)の流行に。

全体的に見て、特定の分野では大きな進展が見られたものの、フィリピンにおける ASF の発生は養豚業界にとって依然として大きな課題であり、継続的な警戒と包括的な管理措置が必要です。

フィリピン通信社の報道によると、フィリピン政府は現在ASFワクチンを調達中で、2024年XNUMX月かXNUMX月に予防接種を開始したいと考えているという。

国が取り組んでいるのは、 ASF この病気を抑制するために、フィリピン政府はいくつかの協力、現金援助、統合的または補完的な農業戦略、再人口プログラムを考案した。

回復と拡大のための国家総合豚生産イニシアチブ (INSPIRE) は農務省 (DA) の主要プログラムであり、調整された再人口と生産の強化、繁殖増殖農場の設立、生産の強化を通じて養豚産業の再人口と回復を加速しています。バイオセキュリティ、監視の強化、信用支援による半商業および商業農場の拡大と近代化。

ベトナムのワクチン

ベトナムがASFに対するワクチンの開発に成功した最初の国となったとき、フィリピンでASFと効果的に戦うという希望が生まれた。最初の 2 つのワクチンは、Navetco National Veterinary Joint Stock Company (Navetco) が製造した Navet-ASFVAC ワクチンと、Navetco が製造した Avac ASF LIVE でした。 QALY。これにベトナム人が製造したダコバック-ASF2ワクチンが続いた。 ダバコグループ.

フィリピンへのワクチン輸出

世界初のASFに対する市販ワクチンの国内使用が承認されてから2週間後、ロイター通信は、ベトナムがASFに対するワクチンXNUMX万回分をフィリピンに輸出すると報じた。展開は今年半ばまでに予定されているため、この期待は間もなく実現します。マルコス大統領は、ASFワクチンの進捗状況について西ミンドロ州の農家に演説し、「間もなく展開し、おそらくXNUMX月かXNUMX月までにはワクチンを発売できるだろう」と述べた。ベトナムはワクチンの開発者なので、私たちはベトナムでの生産を待っているところです。」

ワクチン接種の課題

報告書は、ASF に対するワクチンを効果的に使用するために対処する必要があるいくつかの課題を強調しています。ワクチンは主に若い豚で試験されているため、さまざまな年齢の豚に対するワクチンの有効性を確立する必要があります。もう 1 つの課題は、さまざまな種類の豚で発生を管理する方法と、発生後の大規模農場と小規模農場の両方でのワクチン投与のプロトコルがどうなるかです。何よりもフィリピンの養豚産業は、効率的で安定した使いやすいワクチンを必要としています。

農家がエルニーニョに対処できるよう支援

フィリピン通信社によると、フィリピン政府は農家がエルニーニョ問題に対処できるよう、豚の分散に取り組んでいる。イロイロ州では、エルニーニョ対策として州政府が豚の分散に9万ペソを割り当て、当初はアフリカ豚コレラの影響を受けていない地域の15の自治体を対象とした。

「私たちはエルニーニョを考慮したプログラムを実施したいと考えています。この支援により、農場投入物の代わりに、雨などにあまり依存しない動物を分散させることになる」とイロイロ州知事アーサー・ディフェンサー・ジュニア氏は記者会見で述べた。

9 万ペソの予算のうち、豚の購入に 6.93 万ペソ、飼料に 2.07 万ペソが含まれます。このプロジェクトでは、受給者には肥育用の飼料と子豚が提供される。知事はまた、この制度はASFの課題の中で養豚産業の在庫増加を支援するXNUMXつの方法であると強調した。

豚肉の輸入削減

2024 年 30 月、イロイロ州はフィリピン豚肉連盟 (PFP​​I) と全国養豚業者連盟 (NFHFI) の共催で第 XNUMX 回豚コンベンションおよび展示会を開催しました。農務長官フランシスコ・ティウ・ローレル・ジュニアは大会で講演し、同国がより多くの豚肉を生産できれば豚肉輸入への依存は軽減されるだろうと繰り返し述べた。

「豚肉輸入の削減は、国家食糧安全保障における DA のより大きな目標の一部です。卓越した豚肉生産への取り組みは生活に利益をもたらし、我が国全体の幸福と繁栄に貢献します」とローレル氏は述べた。

農務長官はまた、DAが全国の2024つの選ばれた地域で農業用低温検査施設(CEFA)を(XNUMX年に)立ち上げる予定であると述べた。

CEFAは「輸入農産物の密輸や国境を越えた農業疾患の侵入を防ぎ、地元産豚肉の安全性と品質を確保すること」を目的としていると同氏は述べた。

ASFワクチンの調達は、養豚産業を立ち直らせる上で成功する準備が整っている。これに沿って農務長官は、2025年の予算は一般に好まれている主食作物である米を犠牲にして畜産業を強力に支援することになると強調した。 (ソース豚の進行状況)

このページを共有...
LinkedInの上にシェア
LinkedIn
Facebookでシェア
Facebook
Twitterでこのことについてつぶやきます
Twitter

カテゴリ: ,

この投稿はGenesusによって作成されました